会いたいぞ!

「原点」はウエストサイドストーリー!!

投稿日:

雑誌「悲劇喜劇」で、ジャニーさんの原点は「ウエストサイドストーリー」であった、と述べられています。

光一さんもまた、そうだったと知って嬉しくなりました。

ここにこそ歌って踊る舞台の原点がある、と思ってきたからです。

ラスベガス的な「ショー」でもなく、ブロードウェイ的な「演劇」でもない、若者を表現する舞台の基礎はここにあったと思っています。

この時代は、また、歌って踊るのが当然でもありました。

 

しかし、今、歌い手と踊り手は、それぞれが専門職になって分離してしまったように思われます。

「ナイツテイル」でもそうでした。

 

たとえば、この日本で、舞台で歌って踊れる主演クラスの人がどれほどいるでしょうか?

生の舞台で、歌って踊れる。

それこそが光一さんの強みだと思っています。

 

その光一さんが、キンキコンで、あちらのアレンジ曲にあわせて踊った⁉️

なんだか光一さんが、ひどく無駄遣いされた気がします。

 

あちらが歌って光一さんが踊る、というのは「薔薇と太陽」からですか?

これは両者の特徴を生かしたようで、実は光一さんの持ち味を殺すことになった、と私は思っています。

 

あちらは踊れない、だから歌うだけ、

合わせることもできない、だからハモれない、まさに「歌うだけ」

光一さんは歌いなから踊れるのに、「踊るだけ」

しかも、あちらの歌に合わせて・・・・。

 

まあ、歌って踊るのは「ソロコン」だけと思えば我慢できますが・・・。

 

さらに言えば、いわゆる「ラスベガス」的なショーこそ光一さんが一番魅力的になれる場だと私は思っています。

ソロコンの随所にそれが見えますし、『光一クオリティー』が最大に発揮される場でもありますから。

 

「SHOCK」は、やはり総合芸術であり、良くも悪くも、共演者にかなり左右されます。

 

光一さんは「カンパニー」の力を信じ、カンパニーのためだから頑張れる、と以前言っていましたね。

誰かのために頑張れる、という側面も確かにあるでしょう。

 

しかし、光一さんが光一さんらしく一番輝けるのは、やはり「ショー」の要素に満ちた「ソロコン」です。

 

ソロコンを待つファンのために、新たな「ショー」をぜひ見せていただきたい!!

 

「堂本光一の堂本光一によるショー」を!!

舞台「SHOCK」とは別の作品として、コウイチではない『堂本光一』をいつも待っています!!

 

 

 

 







-会いたいぞ!
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『リフレッシュ』とか『リスタート』とかの10月!?

「増税」ハッシュタグが付いていたという錦戸くんのインスタ。 いろいろ準備していたのですね。 頑張って欲しいと思います。   10月は変化の月でしょうか。 座長はリフレッシュできた模様? ユニ …

「不惑」といえども・・・・・。

2019年一月一日。 光一さんは40歳‼️ あの衝撃の「留加」からなんと25年? 関西弁で、将来はミュージカルをやりたい、と言っていましたっけ。   その少年が本 …

#25 見る音楽を作りこむミュージックビデオの世界

光一さんの「エンタテイナーの条件」単行本は何度も読み返したくなります。   あのときはこういうことを考えていたのか、とか、こんな思いがあったんだ、とか、たくさんの学びと発見があって、堂本光一 …

毎日の雨で・・・・

毎日続く雨で気持も⤵ばかりです。 水害のニュースを見て改めて大雨の怖さを感じていますが、皆様のお住まいの地域はいかかですか? 関西地方は、ときどき急に雨が降ったり、非常に不安定な毎日です …

春は確実に近づいて・・「世界の王」との共通点!?

梅の花が咲いてきました。 寒い毎日ですが、確実に春は近づいていますね。 ネットにはさまざまな記事があります。 紙媒体と違って、本当に訳のわからない記事も多いです。 そんな中で、こんな記事を見つけました …