本・雑誌・記事

前田美波里さん、武田真治さん、市村さん・・・。共通するもの・・。

投稿日:

『婦人公論』の表紙が美波里さんでした。

何時も素敵な方ですが、今年「年女」だそうで・・・。

エッ!!72歳!?

 

ジムで筋トレもされている?

 

今年の「SHOCK」ではオーナーのダンスのシーンも増えたとか。

もう驚きです!!

見習わなければ!!

 

運動神経が鈍くなった、とか嘆いている場合ではありませんね。

 

座長も年齢を感じさせませんし。

これも日々の努力があってこそ。

 

今後の舞台や座長を見守り、かつ参加するためにも、自分も美波里さんを見習って少しでも頑張らねば、と思ったのでした。

 

また、こちらは武田真治さんの記事。

武田真治、KinKi Kids堂本光一を真剣に語るも・・

この中で、武田さんは、光一さんについて、

『上田晋也さんから「また一緒に仕事しようみたいな話になる?」と尋ねられた武田さんは「僕が力つけなきゃなかなか彼とは仕事できないかもしれないですね。舞台では帝国劇場ですごい記録を打ち出したりしてるんですよ。単独主演舞台記録みたいな」と、芸能界のトップランナーとして走り続ける光一さんとの共演には自分自身の努力が必要であることを力説。』

 

市村さんも声が出なくなって、もうミュージカルは無理かもと思ったときに、「ミス・サイゴン」の本番が3か月後で、発声のレッスンをするうちに声が出るようになった、という記載が本にあって。

 

美波里さんも武田さんも市村さんも、光一さんの周りの方たちは決して愚痴を言わず、努力を厭わずに、自身のスキルアップを目指していらっしゃる。

 

今年の舞台で光一さんも声がさらに良く出ている、という感想を目にしましたが、やはり「演じ手」として常に自身の努力を欠かさないあたり、ご本人は何も言わずとも周りの方をみれば光一さんという人が良~く分かります。

 

市村さんもそうですが、舞台に立って、役を生きる、ということは、年齢に関わりなく、その「今」を全力で生きることなのでしょうね。

光一さんも舞台に立つ役者として、常に自分を鍛えながら、「次」に備えているのだ、と思うと、これからが楽しみでなりません。

 

そういうことを考えるとき、まったく真逆のあちらのことを思います。

 

努力はしない、と公言し、愚痴を平気で繰り返すあちらとのグループは、光一さんにとってどんな意味があるのか?

光一さんのどんな部分でこの妥協ができるのか?

不思議でなりません。

 

・・・今日は休演日前の15時からの公演。

「SMGO」によると、

SHOCKは東宝管轄であり各劇場と連携を取り判断していく事となっております

だそうで。

明日の休演日のあとがどうなるのか?

待つしかありません。

 

東宝管轄』の文字がちょっと心に響きますが・・・・。

 

今日の公演で、帝劇での29公演が終了です。

 

18時すぎ、「無事終演」を確認!

カテコでの座長挨拶。

「コロナウイルスが猛威を奮っております。こうやっていつもと変わりなくステージに立てる事を幸せに思っております」

 

 

{追記}

 

長瀬くんが事務所を退所?来年の予定?

ジャニーズ事務所については、まだまだいろいろありそうです。

結局は終焉に向かってゆくのだろうと私は思っています。

ジャニーさんを失って、事務所の役割は終わった、ということでしょう。

 

 







-本・雑誌・記事
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経エンタ連載 特別編 vol.73

  これは7月9日ジャニーさんが亡くなった日の翌日、光一さんからの申し出によって、すでに取材を終えていた別テーマの記事に替えてインタビューをやり直した記事。 ページ数もこれまでの2ページから …

日経エンタ(2019年12月号)に思うこと。

今月号の特集は【ライヴアーティスト】 😞💨 光一さんのソロコンが今年も無い、という事実をまた突き付けられて、ちょっと凹みます。 で、光一さんの連載のページへ! まずは舞 …

すべては舞台のために 日経エンタテインメント2018.8

まずは「すべては舞台のために」というタイトルに、もうやられてしまいます。 NHKのあのドキュメント、光一さんの息づかい、初めての舞台裏。   ・・・・・でも、井上さんと向き合う光一さんの表情 …

ライブ待機中ですが・・・様々な見解があります。

まずは「Endless SHOCK」の中止決定について。 堂本光一「SHOCK」開演7時間前ドタバタの中止 また、 SHOCK復活から一転中止…座長・堂本光一の決断に称賛集まる   とか。 …

日経エンタ 「現状維持ほど難しいものはない」?

日経エンタ、光一さんの連載のタイトル?は「現状維持ほど難しいものはない」 なのですが・・・・・。   「SHOCK」は18年、KinKiは22年続けている、と。 「この状態、まずいよね。どう …