覚え書き

”エンタメ”!!

投稿日:

このブログは以前のものも含めてずいぶん長く続けています。

あの東北の震災のときもそうでした。

今2020年のコロナウィルス禍でも、やはり同じように続けています。

私もそれなりの年齢になっていますし、人生経験もそれなりに積んできました。

しかし、諸々の現実を語っても、それが未来を明るくするわけではない、また私自身の経験など、特にお話するようなことでもありません。

 

ただ、どんなときも、誰でも、好きな曲、聴きたい曲はあります。

100の言葉よりも一つの楽曲で慰められたり、勇気づけられたりする。

その曲を聴くだけで、エネルギーが沸いてくる、元気になれる。

そのくらい、あるメロディやあるシーンは心に響きます。

どんな美しい言葉もそこまで気持を動かせない、と思うのです。

 

さらに、国を超え、人種を超えて、確かに伝わるものがあります。

 

元気になれる、勇気を貰える、未来があり、夢がある。

それを示してくれるのがたとえば「Endless SHOCK」です。

 

そればかりでなく、たとえば誰かの歌声に感動することもあります。

美しい歌声とメロディは、直接気持ちを揺さぶって、いつまでもその時の感動は心に記憶されるのです。

 

そんな素晴らしい世界は、今、劇場が閉まり、コンサートは中止されて、すこしばかり彼方に行っていますが、それでも、私たちは夢や希望をそこに見つけることができます。

 

今も曲を聴けば希望が湧いてきます。

一つのシーンを思いうかべれば、その時の感動は蘇って力を与えてくれます。

心は常に喜びを、希望を、夢を求めています。

ですから、エンタメの危機、というものはありえないのです。

一時的な「自粛」はあっても、心が求め続けているかぎり、また希望が歌われ、勇気が示され、私たちは喜びの声を上げるのです。

 

何時かはわかりませんが、

世界中が喜びの声をあげるとき、それはどんな大きな波となるのでしょう?

その波に揺られて、幸せな時間を過ごしたあと、今度は現実の生活の立て直しが始まります。

 

そのときも、きっと、心に響く歌声やメロディが、日々の暮らしのエネルギーとなって私たちを支えてくれるに違いない、と思っています。

 

日本ではコロナウィルスの猛威が広がっていますが、「自粛」の効果が表れるのはまだ先の事と思われます。

結局は一人一人の自覚次第。

大人として社会人として、また家族や友人や仲間を守るために、自分にできることを続けるだけですね。

好きな曲を聴きながら♫

 

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「僕の背中には羽根がある」

なんとなく「眺めていた」ツイートに、吉田拓郎さんのラジオの話があって、そこでKinKiで一番好きな歌の話題になり、拓郎さんは「フラワー」が好きなのだけれども光一さんから『僕の背中には羽根がある』が一番 …

踊らされず流されず・・!!

  このところの雑誌やネットニュースは、例えば大勢が独立を考えているとか、いやジャニーズ事務所は安泰だ、とか、事務所への忖度の有無、もしくは事務所御用達かそうでないか、で内容が様々。 &nb …

2015年 名古屋ガイシホールの思い出

6年前のソロコン「Spiral」は名古屋がオーラス。 あれから6年。2015年には「ミタライ」も「陰陽師」もあったのでした。 その後、まさかの『コロナ禍』 世界は変わったのかどうか・・・。 こういうと …

母の心?

剛くんは、かつて母の心で、ゆる~く応援して欲しい、(そこに立ってるだけでいい、ということ?)と言ったはず。 その時と比べるとかなり追い詰められていませんか?   カスがたまるとか、自分の人生 …

しなの路さん 閉店❗️

残念です。2月10日で閉店。 昨年から、帝劇に行けていないので、心残りもあります。 写真は送っていただいたものです。 毎年、帝劇に行くたびに、しなの路さんに行くのが習慣で楽しみでもありました。 長引く …