本・雑誌・記事

日経エンタ・・・の前にTOKIOのFCメールに脱力!

投稿日:

 

TOKIOのFCメール、事件後初のFCメールの内容がなんと「島茂子の衣装展の案内」だったそうで・・・。

なんでしょうね、もう腹が立つ以前の問題で、ただ・・・脱力。

 

前々からの予定通りのメールなのでしょうが、つまりは、この担当者は「考える」立場でもなく、内容の変更を提案もしくは進言する立場でもなく、ただ、淡々と仕事をこなしたということなのでしょう。

 

考える立場の人は「ファミリー」だけ?

それにしては、何を考えているのか分かりませんが。

スルーすればなんとかなる、と思っているようですね。これまでのように。

確かに、テレビや一部メディアでは会社の責任には全く触れていないようですから。

 

さて、これがこのまま通るのか?

どうでしょう??

 

 

・・・で「日経エンタ」です。

ジャニーズJrのあり方が大きく変わってきた、という話ですね。

昔は先輩のバックだったのに、いつのまにか「Jr」のままスターになっている、と。

先輩のバックにつかないJrが増えた、と。

でも、振り付けや演出を自らしながら先輩と絡むJrがいるというのは、伝統が形を変えて継承されていること・・・・。

 

という話で。

 

さらに「グループ」に属している子と、そうでない子について。

舞台や映画、ドラマのオファーがくるのは「個人」。可能性としてはそっちが断然広い気がする、と。

このあたり、光一さんファンとしては「そうそう、そうよね!」と言いたいところですが、光一さんの主旨としてはそのあとの言葉

『タレント活動をする上で近道を探す時点で違うし、むしろ近道はないと思ったほうがいいということです』

 

これが大事だということですね。

近道はない、というのはよくわかります。

光一さんがひとつひとつ進んできた道のりがまさにそうだったと思いますから。

 

たぶん、これからも「近道」はないのかもしれません。

ある意味、それこそが光一さんの「道」なのかもしれません。

 

光一さんが、そういう人だとしても、ファンの思いは「そういう人」では収まりがつかないのです。

 

ひとつひとつ近道せずに進むのであれば、光一さんだけの道を進んで欲しい!

グループに無駄な時間を使って欲しくはない!

それが切なる願いです。

 

20年間は、決して短い時間ではありません。

もう十分でしょう。

30代後半は、誰もが今後の自分の生き方を考える時期でもあります。

それどころか、今年は30代最後の年ではありませんか。

 

そろそろ決断のときではありませんか?

 

 

 

 







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経エンタ・・・「伝統」という文字の意味合いが・・・。

今、こんな時期だけに、光一さんの連載を普通に読むことができません。   もちろん、一連の出来事とは無関係に書かれたことではありますが。   「ジャニーズの伝統」と「ジャニーズ事務所 …

「役者ほど素敵な商売はない」市村正親さん

夢中になって読みました。 市村正親さんの、「役者」としての心意気が伝わってきましたし、光一さんとも共通する部分が多いのだろうと思いました。 また、市村さんが劇団四季を退団されたのが41歳のとき。 御本 …

日経エンタ 「現状維持ほど難しいものはない」?

日経エンタ、光一さんの連載のタイトル?は「現状維持ほど難しいものはない」 なのですが・・・・・。   「SHOCK」は18年、KinKiは22年続けている、と。 「この状態、まずいよね。どう …

白シャツ、サスペンダーに紅い薔薇!!

あまりにツボにハマり過ぎて一瞬固まりました。 「STAGE navi」です。 なにしろ、表紙を開くとピンナップも次のページも紅い薔薇🌹 黒も素敵ですが、やっぱり白! しかも手には紅い薔 …

日経エンタ連載『SHOCKの時短に込めた意味』‼️

本屋さんで山積みになった「サンデー毎日」がひときわ目立っています。 そのとなりにほんの数冊あった「日経エンタテインメント」 こちらも、最初は数冊で後から補充されるので、来月号発売の前日まで本屋さんには …