本・雑誌・記事

日経エンタ・・・の前にTOKIOのFCメールに脱力!

投稿日:

 

TOKIOのFCメール、事件後初のFCメールの内容がなんと「島茂子の衣装展の案内」だったそうで・・・。

なんでしょうね、もう腹が立つ以前の問題で、ただ・・・脱力。

 

前々からの予定通りのメールなのでしょうが、つまりは、この担当者は「考える」立場でもなく、内容の変更を提案もしくは進言する立場でもなく、ただ、淡々と仕事をこなしたということなのでしょう。

 

考える立場の人は「ファミリー」だけ?

それにしては、何を考えているのか分かりませんが。

スルーすればなんとかなる、と思っているようですね。これまでのように。

確かに、テレビや一部メディアでは会社の責任には全く触れていないようですから。

 

さて、これがこのまま通るのか?

どうでしょう??

 

 

・・・で「日経エンタ」です。

ジャニーズJrのあり方が大きく変わってきた、という話ですね。

昔は先輩のバックだったのに、いつのまにか「Jr」のままスターになっている、と。

先輩のバックにつかないJrが増えた、と。

でも、振り付けや演出を自らしながら先輩と絡むJrがいるというのは、伝統が形を変えて継承されていること・・・・。

 

という話で。

 

さらに「グループ」に属している子と、そうでない子について。

舞台や映画、ドラマのオファーがくるのは「個人」。可能性としてはそっちが断然広い気がする、と。

このあたり、光一さんファンとしては「そうそう、そうよね!」と言いたいところですが、光一さんの主旨としてはそのあとの言葉

『タレント活動をする上で近道を探す時点で違うし、むしろ近道はないと思ったほうがいいということです』

 

これが大事だということですね。

近道はない、というのはよくわかります。

光一さんがひとつひとつ進んできた道のりがまさにそうだったと思いますから。

 

たぶん、これからも「近道」はないのかもしれません。

ある意味、それこそが光一さんの「道」なのかもしれません。

 

光一さんが、そういう人だとしても、ファンの思いは「そういう人」では収まりがつかないのです。

 

ひとつひとつ近道せずに進むのであれば、光一さんだけの道を進んで欲しい!

グループに無駄な時間を使って欲しくはない!

それが切なる願いです。

 

20年間は、決して短い時間ではありません。

もう十分でしょう。

30代後半は、誰もが今後の自分の生き方を考える時期でもあります。

それどころか、今年は30代最後の年ではありませんか。

 

そろそろ決断のときではありませんか?

 

 

 

 







-本・雑誌・記事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「エンターテイナーの条件」2を!

  「エンターテイナーの条件」は2016年の2月発売でした。 約二年分の連載にロングインタビューを加えて刊行されました。   あれからもう二年を超えています。   そろそ …

20年前の自分に「今の俺がどう声をかけても届かないと思います」

AERAの「表紙の人」の記事です。 舞台誌では想定内の記事が多いですが、そうではない雑誌では思いがけない文言に出合います。 タイトルの言葉には前後があって、それはこちら。 ”20年前の自分に声をかける …

素敵な記事を教えていただきました!

こちらです。 社会の危機に底力発揮する堂本光一、「SHOCK」再生へのアイデア次々実現 昨日、この記事を教えていただいてから、考えていました。   もうね、「硝子の窓ふき」から「家のかたまり …

穏やかならぬ空が!!変化するものと変わらないもの・・

このところ天候が変わりやすい関西です。 朝はこんな感じの曇り空。 ところがしばらくするとこんな感じ。 六甲の山並みは変わらないのに、イメージがかなり違いますね。   自然現象はただ普通に眺め …

ニンマリ!!・・だからしっかり「家のかたまり」で!!

今日、ニンマリしてしまった記事 こちら。 堂本光一、替え歌披露でわかった「異次元ジャニーズ」の実力   まあ、確かに色々な意味で「異次元」です。 まずは、美しさ。 多才さ。 もちろん「舞台に …