本・雑誌

日経エンタ 「エンタテイナーの条件」とミュージカル特集

投稿日:

雨が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

兵庫県西宮市は昨日から大雨警報や避難勧告で携帯メールが何度も鳴っています。

幸い、私が住むあたりは、あまり被害はないようですが、まだまだ雨が続くようですから、ご注意くださいませ。

 

 

さて、今月の日経エンタはミュージカル特集でもあって、読み応え充分で、じっくり読み返しています。

 

光一さんの連載も改めて読んでいます。

右下の写真。

光一さんが、個々の演者に修正指示、と言う光景ですが、座長の姿に心が踊ります。

長い年月の積み重ねが、こういうところに表れていますね。

 

「人見知り」と言う以前に、舞台を作るチームのために何をするべきか、その作品に何が残せるのか、そこが大事。

仕事人間の光一さん、ですね。

 

「ナイツテイル」のオーディションにSHOCKのダンサーさん4人が合格したことが密かな自慢、と言っていた座長の言葉とも重なって、一期一会と言いながらもカンパニーへの愛情があちこちに溢れています。

 

きっと「ナイツテイル」の稽古でも、身一つで飛び込んで、恥ずかしいと言いつつワークショップに参加する光一さんは、自然にカンパニーの一員として溶け込んでいるのではないでしょうか?

 

井上さんとの相性ばかりでなく、周りの皆さんとの作品作りを楽しみながら、学んでいる光一さんの姿は、ファンとして嬉しく自慢でもあります。

 

 

 

「ミュージカル特集」も最近の盛り上がりを受けてか、18ページに及ぶボリューム。

 

特に劇団四季、宝塚歌劇の長年に渡る公演には、ミュージカルの支え手としての大きな存在感に改めて頭が下がります。

 

まだまだ消化しきれない今月の日経エンタ。

 

時間をかけて読んでいきたいと思います。

 







-本・雑誌
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日経エンタ・・・「伝統」という文字の意味合いが・・・。

今、こんな時期だけに、光一さんの連載を普通に読むことができません。   もちろん、一連の出来事とは無関係に書かれたことではありますが。   「ジャニーズの伝統」と「ジャニーズ事務所 …

『週刊朝日』と『サンデー毎日』

火曜日に購入した本屋さんでは週刊朝日が売り切れ。 もうひとつの大型書店ではサンデー毎日と週刊朝日が並べて置いてあって、改めてサンデー毎日の井上さんの記事を熟読。 辛いことは半分に、喜びは倍に、って・・ …

ザ・テレビジョン「光ちゃん、どうだった?」

楽しく読ませてもらいました。 「昔からの人たちと久しぶりに一緒に遊んでいる感じがいい」というのが光一さんの意向だったそうで。   三枝さんの狙いとしては、 1、動き回らせると魅力的な光一くん …

すべては舞台のために 日経エンタテインメント2018.8

まずは「すべては舞台のために」というタイトルに、もうやられてしまいます。 NHKのあのドキュメント、光一さんの息づかい、初めての舞台裏。   ・・・・・でも、井上さんと向き合う光一さんの表情 …

「二人の貴公子」Kindle版が再販されたようです!

以前に「二人の貴公子」がなかなか手 に入らないので、探していたとき、 電子書籍で販売されていると教えてい ただいたのですが、amazonでは既に 売り切れでした。   ところが再販されたよう …