本・雑誌・記事

日経エンタ 「エンタテイナーの条件」とミュージカル特集

投稿日:

雨が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

兵庫県西宮市は昨日から大雨警報や避難勧告で携帯メールが何度も鳴っています。

幸い、私が住むあたりは、あまり被害はないようですが、まだまだ雨が続くようですから、ご注意くださいませ。

 

 

さて、今月の日経エンタはミュージカル特集でもあって、読み応え充分で、じっくり読み返しています。

 

光一さんの連載も改めて読んでいます。

右下の写真。

光一さんが、個々の演者に修正指示、と言う光景ですが、座長の姿に心が踊ります。

長い年月の積み重ねが、こういうところに表れていますね。

 

「人見知り」と言う以前に、舞台を作るチームのために何をするべきか、その作品に何が残せるのか、そこが大事。

仕事人間の光一さん、ですね。

 

「ナイツテイル」のオーディションにSHOCKのダンサーさん4人が合格したことが密かな自慢、と言っていた座長の言葉とも重なって、一期一会と言いながらもカンパニーへの愛情があちこちに溢れています。

 

きっと「ナイツテイル」の稽古でも、身一つで飛び込んで、恥ずかしいと言いつつワークショップに参加する光一さんは、自然にカンパニーの一員として溶け込んでいるのではないでしょうか?

 

井上さんとの相性ばかりでなく、周りの皆さんとの作品作りを楽しみながら、学んでいる光一さんの姿は、ファンとして嬉しく自慢でもあります。

 

 

 

「ミュージカル特集」も最近の盛り上がりを受けてか、18ページに及ぶボリューム。

 

特に劇団四季、宝塚歌劇の長年に渡る公演には、ミュージカルの支え手としての大きな存在感に改めて頭が下がります。

 

まだまだ消化しきれない今月の日経エンタ。

 

時間をかけて読んでいきたいと思います。

 







-本・雑誌・記事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読売新聞 『週刊エンタメ』・・・と「一般販売」・・・。 

まずは読売新聞11日朝刊の「週刊エンタメ」の記事です。 20年を迎えた「Endless SHOCK」についての記事ですね。 特にここが嬉しかったです。 「初演から全席完売のミュージカルは他にない。上演 …

「ユウマ」観劇と「マスク」についての追記

2月16日、中山優馬くんが観劇されていたそうですね。 座長から紹介があったとか。   また、ちょっと触れた劇場内のマスクについて。 週刊プレーボーイのF1連載で、座長が語っていたと教えていた …

「悲劇喜劇」2020年1月号・・・ジャニーさん追悼特集!

おそらくここで初めて語られたのが、 ”まず観客を作る”というジャニーさんの戦略です。 先輩のステージに「ユー、あがっちゃいなよ!」とジュニアを立たせ、デビュー前の若い子たちのファンを作る。 そのファン …

「ナイツテイル」コンサート形式で上演!!

嬉しいニュースです!! こちら。 堂本光一出演ミュージカル、コンサート形式で上演へ (”KinKi”がついていない記事を選びました) 『ミュージカル「ナイツ・テイル」inシンフォニックコンサート(東京 …

日経エンタ連載『SHOCKの時短に込めた意味』‼️

本屋さんで山積みになった「サンデー毎日」がひときわ目立っています。 そのとなりにほんの数冊あった「日経エンタテインメント」 こちらも、最初は数冊で後から補充されるので、来月号発売の前日まで本屋さんには …