覚え書き

さあ、9月です!!

投稿日:

いよいよ「SHOCK」2年ぶりの梅芸公演が始まります。

光一さんが、「あれとこれとあれとあれとあれ」という中のひとつ。

帝劇の「ドリボ」がどう変わったのか、気になりますし、梅芸では優馬くんがどんなライバル役を見せてくれるのかも気になります。

光一さんが演出を変えた部分をしっかり演じてほしいですし、内くんとはまた違ったライバル役を期待したいのですが・・・。

 

 

で、さまざまなジャニーズをめぐる記事では、ついに「リストラ」というワードがでてきました。

いわゆるベテランデビュー組、18年以来コンサートをしていないKinKi、6人が一緒に活動してないV6、解散が噂されるTOKIO、はもうリストラ対象ではないか?とか。

今後デビューするグループを考えれば管理できるグループの数は限られてくるので、今後のジュニアのためにもグループを減らそうとしている、とか。

 

もうね、面白い記事を書こう、ということなのか、何でもいいからこの機会に書いたもの勝ち、ということなのか。

山口くんのインタヒュー記事まで出てきましたね。

 

全て興味本位というのか。

だんだん馬鹿らしくなってきました。

 

9月4日はお別れの会、しかも東京ドーム。

これもそもそも「?」と思うのですが、まあ、このようにして事務所がジャニーさんの偉大さを示そうというのならご勝手に、と思います。

これが確かに、一つの時代の終焉を表すのでしょうから。

 

 

問題はこの後でしょう。

光一さんファンの自分としては、光一さんが思うような舞台にチャレンジして欲しいですし、それが可能な環境に居て欲しいと思っています。

ジャニーズの後輩のために力を尽くすのもいいでしょうが。

 

まずは、舞台やステージの真ん中に立つ光一さんが見たいのです!!

梅芸では、そんな光一さんが見られます。

そうして、そのあとは?

「あれとあれとあれ」はどうなってゆくのか?

期待もあれば、不安もありますが。

とにかく見守るしかありません。

 

次の「SMGO」の更新が一番信用できる情報だと思っています。

ひと先ず、待つだけですね!

 

 







-覚え書き
-, , ,

執筆者:


  1. ユーミ より:

    いつもブログを読ませて頂き、頷いて
    おりますが、上手くコメントが出来ず
    失礼しております。
    梅芸の初日が近づいてきましたね。
    ローチケで11日、3階ですがチケットを
    手に入れる事が出来ました。
    どなたかに一枚お譲りしたい(当日手渡し)のですが
    コメント欄利用で申し訳ないですが
    お願いできませんでしょうか?

  2. 亀井恵子 より:

    今晩は。いつもhazuki様のブログを拝見させて頂いております。以前もチケットの件でお世話になりました亀井恵子と申します。今回もFC先行すべて外れてしまいました。ユーミ様のチケットお願いしたくご連絡させて頂きました。
    毎日お忙しい所申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。

    • hazuki より:

      ユーミさん、亀井さん、ではお二人にそれぞれのメルアドをお伝えしますので、ご相談くださいね。気持ちよく観劇が叶いますように!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

9月22日は・・・・・!

ジョン・ケアードさんの誕生日! 「ナイツテイル」の再演はいつですか?待ってます! 来年の帝劇の上演予定は、4月「エリザベート」5.6月「ミス・サイゴン」7,8月「ジャージー・ボーイズ」11月「ビューテ …

理解できないこと。

このところ伝わってくる一連の堂本剛くんの愚痴は、彼のソロイベントでの発言とか・・。   ドームに立ちたかったのに、「トークショー」等の提案が受け入れられなかったことを愚痴り、それをファンが拡 …

帝劇「ナイツテイル」ラスト11公演!今、思うこと。

今日は帝劇での最後の休演日。 光一さんは休めたのでしょうか?   帝劇での自分の観劇は一回だけでしたが、皆さんの感想を拝見したり、劇評を読んで、舞台への評価、光一さんへの評価、はほぼ定まりつ …

大阪公演もあと10公演

・・・終盤になってきました。 今日は1公演のみ。 明日は台風での振り替え公演が夜にあって、2公演ですね。 その振り替え公演が「マイ楽」になります。 だんだん光一さんに近づいてきて、3階席&#x27a1 …

「ブログを削除してください」とご意見をいただきました。

  また、いつもの迷子さんか・・・と無視するつもりでいたのですが。 この方がどんな方か予想はつきますので、この方に、というのではなく、このブログを続けている一ファンの思いをこの際、ちょっと書 …